オリックス銀行カードローン在籍確認

オリックス銀行カードローンの在籍確認

在籍確認

オリックス銀行カードローン審査において、気になるのは審査内容だけではなく、在籍確認についても気になる項目だと思います。

 

オリックス銀行カードローンでは在籍確認があるのか?無いのか?気になる人も多いでしょう。ここで一つ言っておきますが、カードローンの審査では在籍確認も含めた審査になりますので、どこのカードローンでも在籍確認はあると思っていた方が良いです。

 

在籍確認とは、申込み書の会社や住所の本当に住んでいるのか確認することです。カードローン審査では返済能力の有無が重要視されますので、無職の人には融資することができません。

 

その為、本当に勤務先の会社で働いているのか調べることが重要なのです。会社員なら社会保険などの健康保険証と直近の給料明細で在籍確認の代わりとして働いていることはある程度分かります。

 

しかし、最も手っ取り早く勤務しているかの確認は電話で行うことが一番なのです。

カードローンの在籍確認の方法とは?

カードローンの在籍確認の方法は、電話をかけて、申込み者を呼び出すことで行います。電話を掛けるのは審査担当者やオペレーターになりますが、社名は出さず、個人名で電話するので、まずオリックス銀行カードローンだとばれることはありません。

 

又、審査時に在籍確認の電話はこの名前で連絡してくださいと、担当者に申し出ることで、その名前で電話してくれる場合もあります。

在籍確認OKになるには?

在籍確認OK

在籍確認は本人が電話に出れば1発でOKです。その会社に勤めているというなによりの証拠になるからです。

 

もし、営業や休みの日で本人が電話に出れなかった場合でも、電話に出た人が、「今は外出中です」や「今日は休みで明日出勤予定です」などと、言えばそれで働いていることが分かるのでOKです。

 

逆に在籍確認がNGになる場合は、呼び出しを依頼しても「すでに退職しました」や、「もういません」などは当然NGになります。これ以外にも、「部署が分からなければお伝えできません」や、「個人情報のことですのでお答えできません」、「私はその人を知りません」などのの答えも在籍確認の審査で落ちる可能性があります。

 

辞めている場合はその時点でローン審査は断りになりますが、「部署が分からなければお伝えできません」や、「個人情報のことですのでお答えできません」などは、会社の健康保険証と給料明細を出すことによって、在籍OKになる可能性が高いでしょう。

 

これはオリックス銀行カードローンだけに言えることでは無く、カードローン審査全体に言えますが、在籍確認は本人が電話に出れるのならば、出ることが審査に通る可能性が高くなるので、できる限り電話があれば出た方が良いでしょう。