オリックス銀行カードローンがなぜおすすめなのか?【審査・口コミ評判】

三菱UFJ銀行カードローンバンクイックとアコムの関係

以前、経済誌に過激な題名の記事が掲載されていました。【三菱UFJ銀行行員が語る「ローン審査ゆるゆるでアコムに丸投げ」?】という記事です。

 

一種の暴露記事のようなものですが、主な内容は、「銀行のローン商品は消費者金融から借りられなくなった人のための受け皿になっている。」、「アコムは銀行の信用と名前で商売ができ、三菱UFJ銀行も消費者金融との提携でリテール業務の裾野が広がることで、お互いにメリットがある。」、「実質的には、銀行は名前と場所を貸し付けているだけである。

 

今の銀行のローン商品はかつてのサラ金の基準での貸し付けになっており、審査基準は甘い。」、「銀行はノウハウがない。そのため、業務はアコムに丸投げされており、ほぼアコムのノウハウで運用されている。」というものです。

 

バンクイックは三菱UFJ銀行と消費者金融のアコムが提携して提供されているカードローンであり、確かに、貸金業法の改正による総量規制が導入されたことで、消費者金融から借りられなくなった人の「受け皿」という面があります。

 

しかし、これは何も三菱UFJ銀行が間違ったことをしているわけではなく、どこの銀行でも行われていることです。

 

銀行は融資の専門家ですが、それはあくまでも企業に対するものであり、個人向けの融資の実績はほとんどありません。

 

しかも、企業融資の場合は担保や保証人を取っていることが多く、回収に対するリスクを回避しています。

 

ところが、個人向けのカードローンは無担保・無保証人であるため、審査システムや与信管理、債権保全などに高度なスキルが要求されます。

 

銀行にはそのようなノウハウの蓄積がないため、実績のある企業の協力が必要です。その相手が、消費者金融のアコムだったということです。アコムは長年個人向けカードローンの事業で培った経験と技術があり、三菱UFJ銀行が自社にないノウハウを持つアコムと提携したことは企業として正しい選択と言えます。

 

現実に、アコムはバンクイックの保証会社として申込者の審査を担っています。バンクイックの「お申し込みにあたってのご注意」にも、『三菱UFJ銀行では、カードローン「バンクイック」の各種お手続きページの運営管理をアコム株式会社に委託しており、リンク後のURLのドメイン名がloan-alliance.comとなることがあります。』との記載があります。

 

ちなみに、アコムと提携したことでバンクイックの貸付残高は年々急増しており、2009年には貸付残高が192億円しかなかったものが2011年には682億円、2013年には1,661憶円、2014年には2,474憶円と、たった5年の間に4倍近くにまで急増しました。

 

三菱UFJ銀行カードローンバンクイックへのインターネットからの申込方法

近年はカードローンに占めるメガバンクの割合が高くなっていますが、三菱UFJ銀行の「バンクイック」はメガバンクの中でも利便性の高いカードローンと言えます。

 

バンクイックもインターネットからの申込ができるようになっており、基本的な流れは消費者金融のものと変わりません。当然、24時間365日申込が可能です。

 

まず、バンクイックのホームページにある申込用フォームに必要事項を入力しますが、銀行口座のある人と無い人では別のボタンから入力フォームに進みます。

 

口座があると入力項目が少なかったり、手続きをWEB上で済ませたりすることができます。申込用フォームの入力自体は10分も掛かりません。なお、「お客様情報の入力」で、カードの受取方法を選択するので、テレビ窓口と郵送のどちらにするかを決めておくことが必要です。

 

審査結果は早ければ30分程度で、メールか電話に入ります(基本的にメール)。審査結果の連絡は平日が9時〜21時で、土日曜・祝日でも9時〜17時の間で行っており、休日に在籍確認のできる人は即日融資を受けられます。

 

ただ、日中は申込数の多いことがあるため、審査が遅くなるケースもあることから、即日融資が必要な場合は前日の夜に申込むか当日の朝一で申込んでおくのが賢明です。

 

審査に通ると契約手続きに進みますが、契約手続きは郵送(FAX)と「テレビ窓口」の2パターンがあります。郵送の場合はカードが後日送られることになりますが、テレビ窓口に行けばその場でカードが発行されます。

 

なお、テレビ窓口でカードを受け取る場合は運転免許証が必要であり、本人確認書類が運転免許証以外だと郵送扱いになります。また、勤務先の住所や電話番号、社員数、入社年月などを聞かれるので、あらかじめメモを取っておくようにします。

 

なお、借入希望金額は30万円以内にしておくと審査が通りやすくなります。

 

ちなみに、バンクイックはメガバンクの中で唯一、「お借り入れ診断」のツールがあります。カードローンに申込むと、審査に落ちても申し込んだという記録が全国銀行信用情報センターに登録されることになります。

 

そこで、正式に申込む前にお借り入れ診断で申込可能かチェックしておくと、キャッシング限度額や金利などがある程度予測でき、無駄な記録を残さずに済みます。

 

生年月日、性別・独身既婚、保険種類、他社借入状況の4つに答えるだけで、申込可能かどうかが瞬時に診断できます。正確な審査にはなりませんが、申込不可の人が審査に通ることはありません。


page top